子どもの学ぶ力ってどうすれば上がるんだろう?

言葉くばり研究所
kotobakubari.lab

赤ずきんちゃんが教えてくれたこと

こんにちは!言葉くばり研究所の中村邦彦です。
さて、昨日の、「あなたのかっこいい人ってどんな人?」は読んでいただけましたか?

今日は、「赤ずきんちゃんが教えてくれたこと」についてのお話です!
では、さっそくいってみましょう。

先日、サッカースクールに通っている子の妹、幼稚園に通っているAちゃんがグランドに絵本を持って来ていました。「コーチ見てー!」

わたし「わー!なにそれ?」
Aちゃん「赤ずきんちゃん!」

ここであなたなら、なんて言いますか・・・

「あっ!知ってるよ!あの、オオカミがでてきて、おばあさん食べて、赤ずきんちゃんも食べようってするやつやろ?」

って言ったら、Aちゃんはなんて答えるでしょうね?

きっと「そうよ!」ってなって、そのあと会話は・・・

お・し・ま・い・・・
ってなりそうですよね?!

oh! まさにネタバレ注意

で、こういう場合の質問をクローズドクエスチョンって言って、
答えは、YesかNoしかないんですよね。でお話は終了。

これでは、子どもの学ぶ力が上がるとは思えませんよね?

では、それとは逆にオープンクエスチョンっていうのがあります。質問に対して自由で発想力豊かな返答が可能になります!

少し戻って、
わたし「わー!なにそれ?」
Aちゃん「赤ずきんちゃん!!」

わたし「へー!赤ずきんちゃんってどんなお話なの?」
Aちゃん「えっと、赤ずきんちゃんがいて、オオカミがいて、おばあさんがでてくるの!」

わたし「そうなんだ!で、赤ずきんちゃんはどうなるの?」
Aちゃん「えっと、オオカミさんが赤ずきんちゃんを食べようとするの!」

わたし「えー!!なんか怖そう! そのあとどうなるの?」
Aちゃん「んーと、まだよくわかんない!」

わたし「そうなんだ!じゃあ、またどうなったか教えてくれない?」
Aちゃん「わかった!じゃあ、ママと一緒に読んでコーチに教えてあげるね!」

わたし「ありがと!!すっごい楽しみ!!いつ教えてくれるの?」
Aちゃん「うん!じゃあ今度の練習の時までにママと一緒に読んでコーチに教えてあげるね!!!」

ってなったら、このAちゃんの次回練習までの行動はどうなるでしょうか?

きっと、おうちに帰って、ママに「一緒に読んで!コーチに次の練習に教えてあげるから!」

ってなりそうですよね?!

その子の持ってる興味に興味を

こんな風に、その子の興味に興味を持って子どもの話を聴くこと、また、言葉かけしだいで、子どもたちは自ら学ぼうという意欲、好奇心を持つことができるのではないでしょうか?!

さあ、あなたは、今日どんな一歩を踏みだすんでしょうね?!
それでは、また、あなたの未来にgood luck!!!

■追伸:7月から
まったく新しい・・・

『魔法の10分!新習慣メモ術』

先行お申込み をスタートします!

やりたかったことが行動に繋がる「魔法のメモ術」
▼ 【10min FOCUS Mapping 初級 @オンライン講座】

全国ではこんなことが起きています・・・

◎今までのモヤモヤがスッキリ解消!

◎行動の優先順位がサクッと決まってクリアな状態に!

◎実際の行動がすばやくなった!


ご自身のやりたいことや、夢の達成に向けて
「実践」に繋げるためには、

「今すぐにでもやりたい」脳の状態をつくること。
ですが、じつは・・・

メモを書く前に、
とっても大事なコトがあるんです。

それは・・・ ルール!

魔法の紙1枚を書く前の・・・

ワクワクな状態で、
ドンドン手が走る!みたいな。

そんなのあったらのぞいてみたいよって方!
続き、詳しくはこちらから

また、言葉くばり研究所のブログには書けない、内緒の情報はメルマガにてお届けしています。





3 thoughts on “子どもの学ぶ力ってどうすれば上がるんだろう?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です