さて、今日は育成年代の「成長のチャンスについて」

昨日、サッカースクールの時の出来事。
最後のゲームの時、レフェリーなしで子どもたちだけでやってました。
わたしは、遠くから観察していました。

すると、なにやら言い争いに?!ここではまだ、介入しません。様子をじっくり観てます。
「今のゴール入った!!」、「いや入ってないって!!!」

しだいに言い合いはエスカレートして、今度は「お前がおかしい!!」、「お前は馬鹿か?!」
など 人格を否定するような言葉になってきました。

よーし!!いまだ!!! ここで、介入。「はい!いま言ってた二人 レッドカード!!!」
5分間退場ね! しかし、ここで、そのひとりがボール思い切り蹴って関係のない子どもに直撃!!

「A君は今日の練習最後までゲームには参加できません」って伝えました。
そのA君、数秒で号泣!!

「きたきた!!!」ここが成長のチャンス!!
最近、仲間に対して少し攻撃的になってたA君。

泣きながら「コーチなんで練習できんの?」

わたし「なんでだと思う?」
A君「・・・・・・・」

わたし「サッカーにはルールがあるよね。なんでだと思う?」
A君「う〜ん? ゲームがぐちゃぐちゃになって楽しくない」

わたし「そうやね。あとは」
A君「反則したり相手を蹴ったり、叩いたりなる」

わたし「そうやね!だったら何のためにルールがあるんやろうね?」
ここで、A君は気づいていました。全てを話さなくても。

でも、その日は、最後まで参加はさせませんでした。
A君の成長の絶好のチャンスだと思ったから。

わたし「明日、試合があるよね。それまでによく考えてきてほしい」って
伝えました。まだ、A君は号泣してました。

泣くことは悪いことではない。成長のチャンスを潰すことが
悪いこと。そして今日の試合。

一皮剝けたA君の勇姿が観れました!!!
うれしい経験だけが成長のタネではありません。あらゆる経験こそが
子どもたちを成長に導くひとつ一つのタネとなります。

失敗から学ぶこと。大切ですね。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です